2012年5月30日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:13:12 May 30 2012

円と人民元が直接取引開始へ 米ドルの影響力低下

中日货币拟甩开美元直接兑换

广州日报报道 中日两国将于6月起实行人民币与日元直接兑换交易。继美元后,日元将成为又一个与人民币直接兑换的国际货币。华中科技大学经济学院院长徐长生向记者分析,若人民币实现与世界三大货币(欧元、日元、美元)之一的日元直接兑换,意味着人民币国际化又迈出了重要一步。这不仅动摇了美元的垄断地位,对亚洲经济一体化也起到推动作用。

直兑主要面对企业客户

报道称,交易市场将设在上海和东京,承担交易的日方银行为三菱东京UFJ银行等日本三大银行,而中方为中国银行和香港上海汇丰银行。

此前,中日两国贸易和金融活动主要通过各自换算美元汇率来确定人民币与日元交易汇率。而直接兑换实现后,中日两国银行将根据市场供需状况制定每日基准值,设置一定浮动幅度。据分析人士介绍,直接兑换交易面对的是企业客户,对个人旅游、留学等影响很小。

对于中日货币实现直接兑换,日本舆论普遍指出,这将直接加强两国企业往来,意味着汇率风险和交易费用被“一并消除”。报道称,中日2011年双边贸易总额为27.5万亿日元,但绝大部分通过美元结算,而中日货币“直接连线”后,仅交易费用一项,每年就能节约30亿美元。

徐长生表示,多地都想成为人民币离岸市场,正是看上了中国对外贸易和投资活动的增多,若使用人民币直接交易,建立离岸市场,将节省成本,同时降低汇率和交易风险。

美元影响力将下降?

美国《华尔街日报》27日说,日元和人民币直接兑换渠道的建立,意味着新兴市场的交易将大量“绕过美国”,预示着美元影响力下降。

中日両国は6月1日より円と人民元の直接取引を開始する。これにより、日本円は米ドルに続き、人民元と直接取引を行う新たな国際通貨となる。華中科技大学経済学院の徐長生院長はこれについて、「人民元が世界3大通貨(ユーロ、日本円、米ドル)の1つである日本円と直接取引を開始するということは、人民元の国際化がまた重要な一歩を踏み出したことを意味する。これは、米ドルの独占的地位を揺るがすだけでなく、アジア経済の一体化を推進する役割も果たすだろう」と分析する。広州日報が報じた。

▽主に企業が対象、個人への影響は小さい

報道によると、直接取引は東京と上海の外国為替市場で行われ、日本側は三菱UFJ銀行など3メガバンク、中国側は中国銀行、HSBCが取引を実施する。

中日両国はこれまで、米ドルを介して円と元の為替相場をそれぞれ算出し、貿易・金融取引を行ってきた。直接取引が実現すれば、中日両国の銀行が市場動向に基づいて毎朝「基準値」を制定し、一定の変動幅を設定することになる。ただし、アナリストによると、直接取引は主に企業向けで、個人の旅行や留学に大きな影響はないという。

円と人民元の直接取引について、日本の世論は「両国企業の交流を強め、為替変動リスクと取引コストの問題を一挙に解決できる」との見方を示している。2011年の中日貿易総額は27兆5千億円だが、ほとんどが米ドルを介して決算されている。もし直接取引が実現すれば、取引コストだけでも毎年約30億ドル(約2390億円)が節約できる。

徐長生院長は、「各地が中国の対外貿易・投資活動の増加に目をつけ、人民元オフショア市場になりたがっている。もし人民元と直接取引し、オフショア市場を設立すれば、コスト節約になり、為替変動リスクも下げることができる」と指摘する。

▽米ドルの影響力は低下?

米「ウォールストリートジャーナル」紙は27日、「日本円と人民元の直接取引が成立すれば、新興市場の大量の取引が米国を『迂回して』行われることになる。これは米ドルの影響力低下を暗示している」と指摘した。(編集SN)

「人民網日本語版」2012年5月29日


印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古