2012年6月29日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:16:18 Jun 29 2012

香港・上海・深セン株式市場が合弁会社を設立

港交所与沪深交易所成立合资公司

港交所董事会公布,28日与上海交易所及深圳交易所签订在香港注册成立合资公司的协议。合资公司的业务包括开发并对外授权指数交易产品、股票衍生产品,以及编制主要以三方市场交易品种为样本的跨境指数等。

合资公司的初始注册资本为3亿港元,由香港交易所、上海交易所和深圳交易所各出资1亿港元。三所在合资公司占有相同股份,并计划在签订协议后三个月内成立合资公司。合资公司董事会由9名成员组成,合资公司合伙人各提名3名代表。

港交所介绍,合资公司的成立旨在提升香港的竞争力、推动中国资本市场对外开放和改革发展以及推动三家交易所的国际化进程。

香港証券取引所の董事会(理事会)はこのほど、28日に上海証券取引所および深セン証券 取引所との間で、香港での合弁会社設立をめぐる合意に調印したことを明らかにした。新会 社の取り扱い業務には、株価指数先物取引の商品や株式派生商品の開発や対外的な授権 、主として3市場の取引銘柄を参考にしたクロスボーダー指数の制定などが含まれるという。

東興市は海と陸でベトナムと国境を接しており、自然の障壁がなく交通も便利なため、麻薬犯罪の国際ルートの1つとなっている。中越国境地帯の麻薬犯罪への取締りを強化するため、両国の麻薬取締り当局は東興市-モンカイ市、憑祥市-ドンダン市間の国境麻薬取締り連絡官事務室を設置し、協力を一段と緊密化することを決定した。(編集NA)

香港市場の説明によると、新会社設立の狙いは、香港の競争力を高め、中国資本市場の 対外開放と改革発展を推し進め、3市場の国際化プロセスを推進することにあるという。(編集 KS)

「人民網日本語版」2012年6月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古