2012年9月17日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:16:43 Sep 17 2012

北京市が通過ビザ免除、観光収入が年間40億元増か

北京将实行72小时过境免签 专家预测每年将收入40多亿

新京报讯 15日上午,世界旅游城市联合会举行香山旅游峰会,北京市副市长丁向阳做了主旨发言。

会议期间,他透露,推动北京旅游发展的过境免签政策即将出台,目前已经得到国家有关部门批准。但对于该政策何时实施,会面向哪些国家的过境游客免签,他没有给出具体说明。丁向阳表示,72小时免签政策将会于不久后公布,这将给入境游市场带来活力。

他介绍,目前,境外游客给北京带来的旅游收益是每人约为1000美元,而国内游客在京的旅游消费为2000元人民币,外国游客是国人旅游消费水平的三倍。因此,发展入境游,实行过境免签,北京的过境游客数量和收入都将成倍增长。

世界旅行都市連合会(WTCF)は15日午前、香山観光サミットを開催した。北京市の丁向陽副市長がスピーチを行った。新京報が伝えた。

丁副市長は「北京市の観光業発展を促す通過ビザ免除政策を間もなく実施する。すでに国家の関連部門から認可を得ている」と表明した。しかし同政策の実施時期と対象国について、丁副市長は具体的なコメントを控えた。丁副市長は、「72時間以内の外国人滞在に対するビザ免除政策を間もなく実施する。これにより北京市の観光市場に活力を注ぐ」と語った。

丁副市長によると、外国人観光客からの観光収入は、1人当たり約1000ドル(約7万8000円)に達する。中国人観光客の場合これがわずか2000元(約2万5000円)であるため、外国人観光客の消費水準はその3倍に相当する。外国人による旅行を促し、通過ビザ免除を実施することで、北京市の外国人観光客数と収入が倍増する見通しだ。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年9月17日


印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古