2012年10月12日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:15:33 Oct 12 2012

日本製品に対する通関検査の「遅延」は事実ではない

日货通关遭“拖延”与事实不符

外交部发言人洪磊11日在例行记者会上表示,经向主管部门了解,日本媒体有关受钓鱼岛问题影响,日本企业对华出口货物通关检查遭到“拖延”的报道与事实不符。

他说:“目前中国海关办理日本企业在华通关手续均按照规定程序,实施正常例行检查。”

在回答有关日本外相就钓鱼岛问题与日中经贸关系发表言论的问题时,洪磊说,当前中日关系面临前所未有的严峻局面,是日方在钓鱼岛问题上采取挑衅行动造成的,中方在领土主权问题上是讲原则的,中国的领土主权不容侵犯。当前中日经贸关系受到影响的责任完全在日方。

他说,中国一贯主张在相互尊重、平等互利的基础上发展同世界各国的经贸关系。中日作为世界第二、第三大经济体,互为主要经贸合作伙伴。我们重视发展中日经贸合作。现在重要的是,日方应拿出诚意纠正错误,妥善处理当前面临的问题,为两国合作恢复良好的环境和条件。

外交部(外務省)の洪磊報道官は11日の定例記者会見で、釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題の影響で日本企業の対中輸出品に対する通関検査が「遅延」しているとの日本メディアの報道は、主管部門に確認した結果事実ではないと表明した。

洪氏は「現在、中国税関は日本企業の通関手続きをいずれも規定に沿って行い、通常の型通りの検査を実施している」と延べた。

釣魚島問題と日中の経済貿易関係に関する日本外相の発言については「現在中日関係はかつてない厳しい局面に直面している。これは釣魚島問題における日本側の挑発行動によってもたらされたものだ。領土主権問題において中国は原則を重んじる。中国の領土主権の侵害は許さない。現在の中日の経済貿易関係への影響の責任は全て日本側にある」と指摘。

「中国は一貫して相互尊重と平等・互恵に基づく世界各国との経済貿易関係の発展を主張している。中日は世界第2位と第3位の経済大国であり、互いに主要な経済貿易協力パートナーだ。われわれは中日の経済貿易協力の発展を重視している。現在重要なのは日本側が誠意を示して過ちを正し、目下直面している問題を適切に処理し、両国の協力のために良好な環境と条件を回復することだ」と述べた。(編集NA)

「人民網日本語版」2012年10月12日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへ
  • 分かち合うへt.qq.com
  • 分かち合うへsina.com
  • 分かち合うへyahoo
  • 分かち合うへtwitter
  •   
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古