2012年10月25日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:16:49 Oct 25 2012

外国語の学習は脳の健康に良いことが判明

语言学习能促进大脑特定区域增长 有益大脑健康

据新华社电 瑞典一项最新研究发现,学习语言能促进大脑特定区域增长,对保持脑健康也有一定好处。

瑞典隆德大学研究人员日前报告说,他们让两组大学生同时进行3个月的高强度学习,并用核磁共振成像技术检查了他们这段时间内大脑结构的变化。其中一组学生专门学习外语,对照组则学习其他学科,两组学生的学习时间、强度相当。结果发现,学外语的学生大脑特定区域出现增长,而对照组学生大脑结构没有变化。

研究人员介绍说,大脑出现增长的部分主要是海马体,这是大脑皮质的一个内褶区,其机能与记忆力、学习新知识的能力有关。阿尔茨海默氏症(痴呆症)患者海马体会出现萎缩,这也是患者最初病征多是失忆的原因之一。此前也有研究认为,使用两种或更多语言的人较不容易患阿尔茨海默氏症。

研究人员说,虽然不能将3个月的语言学习与终生使用双语的效果相比较,但本次研究进一步证明了语言学习对保持大脑健康多有裨益。

スウェーデン・ルンド大学の研究により、外国語の学習は脳の特定領域の成長を促し、脳の健康に役立つ事が分かった。新華社が報じた。

ルンド大学の研究者は大学生を2グループにわけ、1グループには外国語を、もう1グループにはその他の学科を勉強させ、3カ月後に脳のMRIを撮り、その変化を検査した。両グループの学習時間と努力度は同レベルとした。その結果、外国語を学んだ学生は脳の特定領域が成長したが、もう1つのグループの学生は変化が無かったという。

成長した脳の領域は、記憶や新たな知識の学習を司る「海馬」と、大脳皮質の中前頭回だという。アルツハイマー患者はこの「海馬」が萎縮するため、初期症状として記憶喪失が現れる。過去の研究では、複数言語を話す人は平均してアルツハイマーの発症が遅いことがわかっている。

研究者は「3カ月の学習で、バイリンガルの人と比較はできないが、この研究で言語学習が脳の健康に良いことが証明された」と語る。(編集SN)

「人民網日本語版」2012年10月25日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古