2012年12月25日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:16:15 Dec 25 2012

中国の労働者人口、来年にも10億人でピークに

中国劳动人口明年达到峰值 首次超过10亿人

华西都市报报道,2013年,中国的总劳动人口数量将达到顶峰,首次超过10亿人。之后,总劳动人口数量将逐步下降,就业压力将会慢慢得到缓解。

22日,国家信息中心、中国社科院社科文献出版社共同发布的报告显示,2013年发生的总劳动人口数量上的转折,将对今后我国发展产生长远的影响。

报告指出,尽管36岁以上的劳动人口仍在增加,但20岁的新增劳动人口数量,自2010年以来已经连续两年下降。研究人员对未来青壮年劳动力的变动进行了模拟计算,预测2013年新增20岁劳动人口数量只有2077万人。16岁到35岁的青壮年劳动人口,也将从2012年的2.203亿人降至2013年的2.17亿人,“丰富的人力资源”会成为越来越宝贵的资源。

与此同时,农村可供转移的剩余劳动力也将持续减少。统计数据显示,2011年全国流动人口2.3亿人,其中农村户籍人口占80%,“80后”新生代农民工已占劳动年龄流动人口的一半。今后,农村可供转移的劳动力主要是学校毕业生,以及技术进步后剩余的农村劳动力,潜力都不是很大。

尽管整体就业压力会逐步缓解,但报告认为,高校毕业生的就业压力在2013年仍然较大。2013年大学毕业生预计高达700万人,比2011年毕业生多出约100万人。

中国情報センターと中国社会科学院・社会科学文献出版社は22日、「中国の総労働人口は2013年にピークに達し10億人を超えた後、徐々に減少する見込みで、就職難は少しずつ改善するだろう」とする報告を発表した。四川省の地元紙「華西都市報」が報じた。

同報告によると、労働人口が13年にターニングポイントを迎え、今後の中国の発展に長期的な影響を及ぼすと見られている。

同報告は、36歳以上の労働人口は増加を続けているが、20歳の新規労働者人口が10年より2年連続で減少していると指摘。研究員の試算によると、13年に20歳の新規労働人口は2077万人にとどまり、16-35歳の若年労働者人口が12年の2億2030万人から2億1700万人に減少する見込みで、「豊富なヒューマン・リソース」が一層貴重な資源になりそうだ。

同時に、農村から移転可能な余剰労働力も減少を続けそうだ。統計データによると、11年、中国全土の流動人口は2億3千万人に達し、うち農村戸籍所有者が80%。生産年齢(満16歳以上)に達している流動人口のうち、1980年代生まれの新世代の出稼ぎ労働者がすでに半数を占めている。今後移転が可能な労働力は学校卒業者や技術の進歩が原因で余剰となっている労働者で、潜在能力は決して高くなさそうだ。

就職難は全体的に徐々に緩和されると見られるものの、同報告は「13年、大学卒業生の数は前年より100万人多い700万人に達すると見込まれるため、同年、大学卒業生の就職は依然として厳しくなる」と指摘している。(編集KN)

「人民網日本語版」2012年12月25日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古