2012年12月26日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:16:29 Dec 26 2012

京広高速鉄道開通で競合する航空路線が値下げに

京广高铁逼沿途航班降价

京华时报讯 26日全程2298公里的京广高铁线正式运营,将乘普通火车20小时的旅程缩短到8小时。25日记者发现,面对高铁的影响,航空公司纷纷降低京广线沿途短程航班的票价。

记者在酷讯旅游网获悉,受高铁开通的压力,京广高铁沿线的中短途航线,已提前降价揽客,部分航班甚至卖出“高铁价”。比如,广州飞往郑州的机票最低为309元,加上燃油、机建费,总票价仅为489元,而广州至郑州段的高铁二等座票价是658元。

“高铁将改变中国综合运输体系的现有格局。”国航原董事长孔栋曾表示。

民航分析师李磊认为,800公里以上航空运输更为合适,“四横四纵”的高铁网将迫使航空运输回归其特性。

全長2298キロメートルに及ぶ世界最長の高速鉄道路線・京広高速鉄道(北京-広東省広州市間)が26日に運行をスタートした。これにより普通列車で20時間の行程が8時間に短縮される。25日に取材したところ、航空各社は同鉄道開通の影響を受けて、競合する短距離航空路線の航空券価格を相次いで引き下げている。「京華時報」が伝えた。

旅行サイト・酷訊旅遊網によると、高速鉄道開通が圧力となって、競合する中・短距離航空路線は乗客をつかむため開通に先立って値下げされ、鉄道並みの価格で売り出される便もある。たとえば広州発・鄭州(河南省)行きの便は最安値が309元で、これに燃油付加運賃(燃油サーチャージ)と空港建設費を加えても計409元だ。一方、広州から鄭州までの高速鉄道料金は658元となっている。

中国国際航空公司の孔棟・元会長は、「高速鉄道は中国の総合的な輸送システムの従来の局面を変えることになる」と話す。

民間航空のアナリスト・李磊氏によると、800キロメートル以上の距離であれば航空輸送の方が適切だ。高速鉄道網が縦横無尽に発達することによって、航空輸送はその特性に立ち戻ることになるという。(編集KS)

「人民網日本語版」2012年12月26日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古