2013年2月5日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:17:12 Feb 05 2013

北京 PM2.5の健康への影響に関する研究が始動

PM2.5对健康影响研究启动

人民日报海外版电 记者今天从北京市疾控中心获悉,“北京市空气环境中PM2.5对健康影响研究”的课题在2012年已经启动,该课题已获市科委立项,并被列为市委市政府重点工作及区县政府应急项目预启动。

该研究内容包括室内环境PM2.5暴露水平、人群PM2.5暴露水平以及PM2.5污染对人群健康影响三方面,通过研究,以获得全市室内空气环境中PM2.5污染状况及危害成分、人群PM2.5暴露水平以及PM2.5污染对呼吸系统等相关疾病影响程度的数据。

北京市疾控中心将针对空气环境中PM2.5对健康影响适时公布研究进展,监测数据将用于传染病的早期预警和健康提示,同时为市政府公共卫生决策提供依据。

北京市疾病コントロールセンターが明らかにしたところによると、課題「北京市の大気環境中のPM2.5が健康に及ぼす影響の研究」が2012年に始動した。同課題は市の科学技術委員会により立案され、すでに市委員会・市政府の重点業務および区県政府の緊急プロジェクトに組み込まれているという。人民日報海外版が伝えた。

同課題の研究内容は以下の3つの方面。(1)室内におけるPM2.5曝露量。市全体の室内環境におけるPM2.5汚染状況および危害を及ぼす成分を研究。(2)異なるグループごとのPM2.5曝露量。(3)PM2.5汚染が健康に及ぼす影響。PM2.5汚染が呼吸器系統などの関連疾患に与える影響のデータを取得。

北京市疾病コントロールセンターはPM2.5の健康への影響に関する研究の進展状況を適時公開し、モニタリングデータは伝染病の早期警戒や健康アドバイスなどに使用するほか、市政府の公共衛生に関する政策決定に向け、データを提供する。(編集SN)

「人民網日本語版」2013年2月5日 


印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古