2013年2月20日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:15:25 Feb 20 2013

中国、Uターンラッシュが一息

铁路客流开始趋缓

人民日报报道,铁路旅客发送量连续3天超过700万人次后,2月18日回落至688.3万人次,列车运输秩序良好,节后第一轮返程高峰已经安然度过,按照往年惯例,铁路客流将逐渐趋缓, 节后第二轮返程客流高峰预计在正月十五前后出现。

据铁道部春运办数据显示,2月15日至17日,全国铁路连续3天单日旅客发送量在700万人次以上。其中2月15日铁路迎来今年春运以来最大客流,全国铁路加开临客783列,旅客发送量高达731.9万人次。2月17日全国铁路发送旅客701.4万人次,同比增加16.1%,是今年春运以来铁路单日旅客发送量同比增幅最大的一天。

从全国范围看,节后五大出发重点地区铁路旅客发送量增幅显著,武汉地区同比增长9.2%,成渝地区同比增长10.7%,南昌地区同比增长5.3%,湖南地区同比增长13.2%,合阜地区同比增长9.6%。

从全国范围看,节后五大出发重点地区铁路旅客发送量增幅显著,武汉地区同比增长9.2%,成渝地区同比增长10.7%,南昌地区同比增长5.3%,湖南地区同比增长13.2%,合阜地区同比增长9.6%。

10日に春節(旧正月)を迎えた後、Uターンラッシュのため、15日から3日連続で延べ700万人の利用を記録した中国の鉄道。一段落した18日は688万3千人となり、混雑も緩和した。ただ、例年の状況からして、春節シーズンの締めくくりとされる旧暦1月15日(2月24日)の元宵節(げんしょうせつ)前後に、再びUターンラッシュを迎えると見込まれている。人民日報が報じた。

中国鉄道部(省)のデータによると、3日連続で延べ700万人以上の利用者を記録した15-17日のうち、15日の利用者が最も多く延べ731万9千人。中国全土で臨時便を783便走らせ対応した。一方、17日の利用者は前年同期比16.1%増の延べ701万4千人。今年の春運(春節前後の帰省・Uターンラッシュ。今年は1月26日から3月6日の40日間)のうち、昨年と比べて最も増加幅の大きい1日となった。

春節後、中国全土で利用者の出発地点として増加幅が昨年に比べて最も大きかった5地域は、湖北省武漢市9.2%、四川省-重慶市10.7%、江西省南昌市5.3%、湖南省13.2%、安徽省合肥市-阜陽市9.6%だった。

一方、到達地点として最も利用者が多かったのは広東省。鉄道部門は13日より、重慶や湖南省、河南省より広東省の広州西駅に向かう臨時列車を17便手配した。また、広州鉄道集団は14日より、毎日午後11時から翌日早朝6時まで、広州駅や広州東駅より深センと結ぶ臨時の動車組(中国版新幹線)を走らせている。春運の最終日3月6日まで継続される見込み。(編集KN)

「人民網日本語版」2012年2月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古