2013年2月20日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:17:30 Feb 20 2013

米紙が安倍氏訪米に注文 釣魚島問題で面倒を起こすことを懸念

美媒给安倍访美定调子 恐其在钓鱼岛问题上添乱

“告诉奥巴马先生你绝不会开第一枪,不会危及平民生命。”美国《华尔街日报》2月19日刊登“致安倍晋三的一封公开信”,要求即将访美的日本首相向奥巴马做出这样的承诺。平均日发行量230万份的《华尔街日报》是美国第一大报,在安倍21日启程访美进入倒计时之际,该文透出的“玄机”引发猜测。

日本时事通讯社解读说,这表明,在钓鱼岛争端上,美国对日本并不放心。日本的失望显而易见。在持续的中日岛屿争端中,日本政府经常像一个与人起了争执后的孩子大声喊叫:你等着,我叫家长去。泰国《国家报》15日就将安倍访美称为“朝圣”。

这封公开信显然也不应该被视为美国媒体支持中国,它最核心的意思是:日本不要给美国惹麻烦。事实上,上月26日,美国另一家颇有影响的《华盛顿邮报》就曾刊登社论,支持搁置钓鱼岛主权争议。美国智库战略与国际研究中心调查了200多名专家,近一半的受访者认为安倍政府的政策可能损害美国的国家安全利益。

中国人民大学学者金灿荣19日对《环球时报》表示,美国最希望的是日本在跨太平洋伙伴关系协议(TPP)、美军驻冲绳基地等问题上有所让步,但这些“礼物”安倍都带不来;日本则希望美国在钓鱼岛问题上有所承诺,并在修宪、建国防军等问题上对日本开绿灯。所以预计安倍这次访问不会有多大成果。

「あなたが最初に発砲したり、民間人の命を危険にさらしたりすることは絶対にないということをオバマ大統領に伝える」。米紙ウォールストリート・ジャーナルは29日掲載の「安倍晋三氏への公開書簡」で、オバマ大統領にこのような約束をすることを訪米を控えた日本の首相に求めた。平均発行部数230万部の米最大手紙である同紙が、安倍氏の21日の訪米直前に掲載したこの文章から滲み出る「巧妙な計略」が憶測を呼んでいる。

時事通信は「釣魚島(日本名・尖閣諸島)紛争において、米国が日本に対して安心しているわけではないことを物語っている」と読み解いた。日本の失望は誰の目にも明らかだ。中日間の島嶼紛争が続く中、日本政府は人と言い争った後の子供のように「待ってろよ、親を呼んでくるから」としょっちゅう大声で叫んでいる。タイの英字紙ネイションは15日、安倍氏の訪米を「聖地詣で」と呼んだ。

この公開書簡について、米メディアが中国を支持したと見るべきでないのも明らかであり、その最大の主旨は「米国に面倒をかけるな」と日本に伝えることにある。実際、影響力の強い別の米紙ワシントン・ポストも先月26日の社説で、釣魚島の領有権争いの棚上げを支持した。米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)が専門家200人に対して行った調査では、半数近くが安部政権の政策は米国の安全保障上の利益を損なう恐れがあるとの認識を示した。

中国人民大学の金燦栄氏は19日、環球時報の取材に「米国が最も日本に望んでいるのは、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や在沖縄米軍基地などの問題である程度譲歩することだ。だが安倍氏はこうした『手みやげ』を持ってこられない。一方日本は、米国が釣魚島問題にある程度コミットし、憲法改正や国防軍創設などの問題で日本にゴーサインを出すことを望んでいる。このため、安倍氏の今回の訪問はたいして大きな成果を上げないだろう」と指摘した。(編集NA)

「人民網日本語版」2013年2月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古