2013年2月21日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:14:44 Feb 21 2013

日本車の中国販売台数 1月は前月比2割増

日系三强1月销量同比增两成

京华时报讯 自去年9月钓鱼岛事件发生以来,日系汽车三强首次出现单月销量同比增长。丰田、日产和本田发布的数据显示,2013年1月丰田、日产以及本田在华销量分别为7.25万辆、11.57万辆以及4.72万辆,同比增长均超过两成。

数据显示,2013年1月丰田在华销量为7.25万辆,同比增长23.5%;日产1月在华销量为11.57万辆,同比增长22.2%;本田1月在华销售4.72万辆,同比增长22%。日产中国方面表示,1月销量大幅反弹除因到店量和销售量大幅回升外,还与今年农历新年从去年的1月推迟到2月有关。一汽丰田经销商告诉记者,自去年9月以来,厂家发布了“客户关怀方案”、“安心车主行动”等一系列政策,目前店内销量已经逐步恢复到正常水平。

昨年9月の釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題の発生以来、日本三大自動車メーカーの販売台数が、前月比としては初めて増加した。3社が発表したデータによると、2012年1月のトヨタの中国販売台数は7万2500台、日産は11万5700台、ホンダは4万7200台に達し、前月比で2割以上増加した。京華時報が伝えた。

トヨタの2013年1月の販売台数は、前月比23.5%増の7万2500台に達した。日産は22.2%増の11万5700台、ホンダは22%増の4万7200台となった。日産の中国法人は、「1月の販売回復は、販売店を訪れる顧客数と販売台数が大幅増になったこと、今年の旧暦の正月(春節)が今年は1月ではなく2月にずれ込んだことと関連している」と表明した。一汽トヨタのディーラーは、「昨年9月より、メーカー側は顧客の懸念を払拭するため一連の保障プランを提供している。現在当店の販売台数は、すでに正常化している」と語った。(編集YF)

「人民網日本語版」2013年2月21日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古