2013年4月23日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:15:54 Apr 23 2013

中国、戦時中の強制労働従事者らが旧三菱に賠償要求

中国二战被掳日本劳工对日提出索赔要求

中新社电 中国五个日本三菱受害劳工团体20日在山东高密市举行交流会,通过了《对日本政府敦促函》和《对三菱综合材料株式会社要求书》,对日本三菱公司在二战期间强掳奴役中国劳工罪行提出索赔要求。

中国五个日本三菱受害劳工团体要求三菱公司应当对包括其下属承包企业所做行为在内,承认加害事实及历史责任,并就此作出深刻反省,向中国劳工谢罪。作为证明谢罪的诚意,三菱公司向3765名受害者及遗属每人支付10万元人民币的谢罪金。由三菱公司在当年奴役中国劳工的作业场所,建立记载“强掳、奴役劳工”史实的纪念碑。

此次交流会是“中国二战被掳往日本劳工联谊会”为加强三菱受害劳工的团结,推动与日本三菱公司进行实质性交涉,早日解决这一重大人权侵害的历史遗留问题而举行的。来自山东、河北两地的被日本三菱公司强掳劳役的受害劳工及劳工遗属代表、律师、专家学者等130余人参加了会议。

回顾二战历史,当年日本政府与相关日本企业共同策划实施了强掳、奴役中国劳工的不法行为,将约4万名包括战俘、平民在内的中国人强掳到日本做苦役,造成约7000名中国人被迫害致死。作为加害企业之一的三菱综合材料公司(旧三菱矿业株式会社),包括关联企业在内,在日本12个作业所,强制奴役中国劳工共计3765名,其中711人被折磨致死。

第2次世界大戦中に日本に強制連行され、旧三菱鉱業(現三菱マテリアル)の炭鉱などで過酷な労働を強いられた中国人元労働者や遺族らが結成する5団体が20日、山東省高密市で交流会を実施。日本政府や三菱側に対する書簡を作成し、三菱側に対し戦時中の強制労働に関する賠償などを求めた。中国新聞社が報じた。

同5団体は三菱側に対し、▽その下請け企業の行為を含む、加害事実や歴史的責任を認め、深く反省し、中国人労働者に対して謝罪すること▽誠意の気持ちや誠意を表すために、被害者3765人とその遺族に1人当たり10万元(約160万円)の謝罪金を支払うこと▽当時、強制労働があった作業場に、歴史を正しく伝える記念碑を立てること---などを求めている。

今回の交流会は、戦時中に強制労働を強いられた被害者が団結し、三菱側との実質的交渉を進め、人権侵害に関する重大な歴史問題を1日も早く解决するのが目的。山東省と河北省の被害者やその遺族の代表、弁護士、専門学者など130人が参加した。

第2次世界大戦中、日本政府や企業は戦争捕虜や一般国民を含む中国人約4万人を強制連行し、強制労働に就かせるなど迫害。約7000人が死亡した。うち、旧三菱鉱業やその関連企業が、日本各地の作業所12カ所で、強制労働させた中国人は3765人で、うち711人が死亡した。(編集KN)

「人民網日本語版」2013年4月23日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古