2013年7月22日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:17:23 Jul 22 2013

蛟竜号の検査を実施、状態は良好

“蛟龙”查体 状态良好   随船科学家接受下潜培训

科技日报电  21日,科考队员对“蛟龙”号实施了第二航段的首次开舱检查维护,对灯光、摄像机、推进器,以及声学系统等设备进行了通电测试,对用于吊装潜水器的A架进行了通电检查,以验证各项设备的状态。

   

“蛟龙”号首个试验性应用航次现场指挥部副总指挥胡震说:“通电检查结果显示,潜水器所有设备状态良好。”据了解,在抵达目标海域、开展作业任务之前的这十多天里,这样的检查至少要开展3次。 

   

检查结束后,科考队首次借助开舱的机会,由潜航员唐嘉陵对第二航段计划下潜的国家海洋局第二海洋研究所副研究员刘诚刚和广州海洋地质调查局工程师刘永刚进行了舱内培训。由于“蛟龙”号从下潜到最后浮出水面,整个过程达10小时之久,科学家需要适应密闭舱内的环境。通过培训,有助于让他们对舱内适应得更快,同时熟悉掌握相关设备的使用。

 

科学調査隊の隊員は21日、有人潜水艇「蛟竜号」の第2段階の航行で初となる検査・メンテナンスを実施した。ライト、カメラ、推進器、音響システムなどの設備および潜水艇を持ち上げるためのAフレーム・クレーンの通電試験を行い、各設備の状態を確認した。科技日報が伝えた。  

蛟竜号の試験的応用航行の胡震・現場指揮部副総指揮は、「通電検査の結果、潜水艇の全設備の状態が良好であることが明らかになった」と語った。目標海域に到着し、作業を開始するまでの10数日の間に、このような検査を少なくとも3回は実施する必要があるという。

 

検査終了後、潜水士の唐嘉陵氏は蛟竜号のハッチを開いた機会を利用し、第2段階で潜水を予定している国家海洋局第二海洋研究所副研究員の劉誠剛氏、広州海洋地質調査局エンジニアの劉永剛氏の二人に対する船内訓練を実施した。蛟竜号は潜水開始から最終的に水面に戻るまで、全過程で10時間もの時間を必要とするため、科学者は密閉された船内環境に慣れる必要がある。彼らは訓練を通じて船内環境に早く適応し、関連設備の操作に熟練することができる。(編集YF)

 

「人民網日本語版」2013年7月22日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古