2013年7月26日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:17:34 Jul 26 2013

広州白雲空港 72時間以内の滞在はビザ不要に

广州白云机场8月起  实行72小时过境免签

  

23日上午,广东省政府正式宣布,从8月1日起,广州白云机场口岸实行72小时过境免签,奥地利、比利时、法国、俄罗斯、美国等45个国家持有第三国签证和机票的外国旅客,在途经广州白云国际机场中转前往第三国时,可以不持有中国签证在广东省内短暂停留72小时。广州是继北京、上海之后,第三个获准实施“72小时过境免签”的内地城市。

  

广州边检总站政委朱建敏介绍说,广东72小时过境免签政策并非“只有入境团队旅客才能享受”,符合政策条件的个人旅客同样可以享受。广州白云机场股份公司总经理张育民表示,实行72小时过境免签政策后,预计白云机场2013年的国际转国际旅客人数有望突破100万人次,到2015年白云机场的国际航线总数超过125条,国际转国际旅客上升到约150万人次。

 

広東省政府は23日、今年8月1日から同省広州市にある広州白雲国際空港の出入国管理所で、72時間以内の滞在であれば中国のビザを不要とすることを明らかにした。オーストリア、ベルギー、フランス、ロシア、米国など45カ国のパスポートをもち、第3国のビザと航空券をもった外国人旅客が同空港を経由して第3国に行く場合、中国のビザをもたなくとも同省内に72時間滞在することを認めるという措置だ。これにより広州は、北京市、上海市に続き、大陸部で3番目に72時間ノービザ滞在を実施する都市になる。

 

広州出入境国境警備検査総合ステーションの朱建敏政治委員の説明によると、広東省の72時間ノービザ政策は中国を訪れる団体旅行客だけがその恩恵を受けるものではなく、政策で設定する条件を満たした個人旅行者も同じく恩恵を受けられる。広州白雲国際機場股フェン有限公司の張育民総経理(社長)によると、72時間ノービザ政策を実施すると、白雲空港の今年の国際線から国際線への外国人乗り継ぎ客はのべ100万人を突破し、2015年には国際路線の路線数は125本に上り、同外国人乗り継ぎ客はのべ約150万人に達することが予想されるという。(編集KS)

 

「人民網日本語版」2013年7月24日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古