2013年7月29日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:16:24 Jul 29 2013

日本産ネオプレンに反ダンピング 商務部が認定

商务部裁定日本电气氯丁橡胶存反倾销

  

新华网消息 据商务部网站7月26日消息,商务部公告称,经调查,商务部裁定原产于日本电气化学工业株式会社的进口氯丁橡胶产品在复审调查期内存在倾销,日本电气化学工业株式会社的倾销幅度为20.8%。

   

根据《中华人民共和国反倾销条例》有关规定,自2013年7月26日起,将原产于日本电气化学工业株式会社的进口氯丁橡胶所适用的反倾销税税率调整为20.8%。

   

上市公司中,蓝星新材、传化股份、天利高新、齐翔腾达等涉足氯丁橡胶相关产业,值得关注。

 

商務部(商務省)のサイトが26日伝えたところによると、同部はこのほど公告を出し、調査を踏まえ、日本の電気化学工業株式会社が生産した輸入ネオプレン製品には再調査期間中にダンピングがあったとの判定を下した。ダンピング幅は20.8%という。「新華網」が伝えた。

 

「中華人民共和国反ダンピング条例」の関連規定に基づき、2013年7月26日から、日本の電気化学工業株式会社が生産した輸入ネオプレン製品に適用する反ダンピング措置としての関税率が20.8%に調整された。

 

藍星新材、伝化股フェン、天利高新、斉翔騰達などのネオプレン関連産業の上場企業は、今回の出来事に注目している。(編集KS)

 

「人民網日本語版」2013年7月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古