2013年8月15日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 日本频道

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:20:27 Aug 15 2013

外交部:日本は約束を守り、被害国の信用を得よ

外交部发言人表示日方要守承诺取信受害国

外交部发言人洪磊14日表示,中方敦促日方信守承认和反省侵略历史的承诺,谨言慎行,以实际行动取信于亚洲受害国人民和国际社会。

有记者问,据报道,日本首相安倍晋三决定8月15日不参拜靖国神社,但将以自民党总裁身份自费向靖国神社捐赠祭祀费。中方对此有何评论?洪磊说,靖国神社中供奉着二战甲级战犯,日本领导人对待这一问题的态度反映了日本能否正视和反省日本军国主义的对外侵略历史,是否尊重包括中国在内的广大受害国人民的感情。“我们敦促日方信守承认和反省侵略历史的承诺,在有关问题上谨言慎行,以实际行动取信于亚洲受害国人民和国际社会。”他说。

外交部(外務省)の洪磊報道官は14日、日本に対して「侵略の歴史を認め、反省するとの約束を忠実に守り、言動を慎み、実際の行動によってアジア被害国人民と国際社会の信用を得るよう促す」と表明した。

「日本の安倍晋三首相が靖国神社について、8月15日に参拝はしないものの、自民党総裁として自費で玉串料を奉納することを決定したとの報道について、中国側のコメントは」との記者の質問に、洪報道官は「靖国神社は第2次大戦のA級戦犯を祀っている。この問題に対する日本の指導者の姿勢は、日本が日本軍国主義の対外侵略の歴史を直視し、反省できるかどうか、中国を含む数多くの被害国国民の感情を尊重できるかどうかを反映している。われわれは日本側に対して、侵略の歴史を認め、反省するとの約束を忠実に守り、関係する問題において言動を慎み、実際の行動によってアジア被害国国民と国際社会の信用を得るよう促す」と述べた。(編集NA)

「人民網日本語版」2013年8月15日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古